原徳販売のお取り寄せ 配送料について 紅こがれ 初回限定お試しセット 至極の一枚 かすみ松葉がに

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

FAXでもご注文頂けます

カレンダー

2017年9月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

※赤字は休業日です

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

2013/4

  • たじまのさかな新商品・新メニュー開発推進チームに香 住水産加工組合水青会として参加する。
  • 以前から思い描いていた干し蟹を使った新商品を提案する。
  • 干し蟹という新ジャンルから、かに酒用として商品開発が始まる。
  • 開発推進チームから、干し蟹担当チームを組み、開発研究が始まる。
  • 地元酒蔵 香住鶴へ行き、かに酒に合うお酒を共同で模索する。
  • 昔から漁師が親しんだ「かに酒」の物語をパッケージにのせ、商品が見える事と商品のイメージカラーを元にデザインを完成させる。
  • 毎年行われる香住かに場まつりにて初めての試験販売をチームで行う。大好評で新聞各社にも取り上げられる。
  • 年2回開催されている地元酒蔵「香住鶴」の蔵まつりへ水青会として出店販売。
  • 新聞各社に多数取り上げられ、特には関西ラジオの”谷五郎のこころにきくラジオ”への出演をする。また、たじまのさかな新商品・新メニュー開発推進チームのニギスを使ったSKSがサンテレビに出た際、紅こがれも一緒に紹介されました。(2013.3放送 ひょうごワイワイ)
    また雑誌では、同年、日系トレンディにも掲載されました。

2014

  • たじまのさかな新商品・新メニュー開発推進チームで更なる販路拡大に向け、神戸方面へ営業活動をする。

2015

  • デザイン変更に伴い、保存期間の延長をする為、真空機を購入し、真空パッケージとなる。
  • 香住水産加工業が東京シーフードショーへ出店するにあたり、関東方面への販路拡大の為、「紅こがれ」のPR出展をした。
  • そして現在は、地元飲食店・民宿、旅館などで多数取り扱っていただき、京阪神をはじめ名古屋、関東へも出荷しております。
『紅こがれ』かに酒の作り方
ご注文ページへ